てんかんに気をつけたい高齢者たち

てんかんは脳の病で、年齢や性別に関係なく発症します。高齢者でのてんかんは合併症を引き起こすことがあるので大変危険です。てんかんを予防するためにもきちんとお薬を服用して治療しましょう。

てんかんによる発達障害や記憶について

てんかんは脳の病気でありけいれんや発作を起こすということだけでなく記憶障害も起こすことがあります。
これは脳の神経細胞同士のネットワークに異常が起きて神経活動が異常に興奮してしまうことで発作を起こしてしまうのです。
発症する年齢としては3歳までに多く、成人や高齢者でも発症します。やはり脳の病気ということなので発作を起こすことで記憶障害やけいれん、意識障害を起こすことがあります。発作は数秒から数分でおさまるのですが、乳幼児は繰り返し発症することもあります。
てんかんは成人や高齢者でも発症することになり、その原因として脳炎や脳梗塞などの脳の病気によるものや、頭を強打するといったことで成人や高齢者になってから発症することになります。
てんかんはいつ発作が起こるかわからないこと、記憶障害をもたらすことがあるなど社会生活においても支障が出てしまうようになります。
成人や高齢者の場合はてんかんの薬を服用して発作を抑えるという方法が一般的です。しかし中には発作をコントロールすることができない難治性てんかんというものもあります。
発作をコントロールできないと慢性的に発症することになり、脳に重大なダメージを与えることにもなります。特に乳幼児は発達障害を及ぼすことにもなります。発作が日常的に起こると脳内の神経細胞間のシナプスの数が減少して記憶障害をもたらすことにもなります。
てんかんを治療する方法は薬による治療か外科手術ということになります。早く治療するためには外科手術が必要です。
このように乳幼児など慢性的に発作を繰り返すような場合で薬も効かないような難治性てんかんの場合は発達障害を起こさないように手術をするなどの判断が必要です。