てんかんに気をつけたい高齢者たち

てんかんは脳の病で、年齢や性別に関係なく発症します。高齢者でのてんかんは合併症を引き起こすことがあるので大変危険です。てんかんを予防するためにもきちんとお薬を服用して治療しましょう。

てんかんの予防ガイドラインについて

てんかんというのは脳の病気で、脳内の神経細胞が一時的に過剰な電気的興奮を起こしてしまい、発作を発症するものです。これは慢性的に発症するもので幼児期はその頻度も高くなります。
発作の症状としては全身がけいれんしてしまい、意識を失ってしまうという症状があります。またそれ以外にも頭痛やめまい、記憶を失ってしまうなどの症状を起こすこともあります。
てんかんの原因は後天的なものが多いのですが、そのほとんどが脳へなんらかの障害が生じたことで発症してしまいます。幼児期に多いのは出産時の脳障害が考えられます。また成人になってからも発症しますが、これは脳炎や脳梗塞といった脳内の病気や頭部外傷などによるもので脳内に障害があることで発症してしまいます。
てんかんは慢性的な病気であり、いつ発症するかわからないのです。発作を起こしてしまうと意識喪失、けいれんを起こしてしまうこともあり、日常生活においても支障がでることがあります。
そのため発作はできるだけ発症しないようにしなければなりません。てんかんの予防ガイドラインとしては、やはり薬を継続的に服用して発作が起こらないようにすることです。
その症状によって薬の内容や用法用量もかわってきますが、医師の指示に従って決められた用法用量を守り服用を続けることです。
薬によって発作が起こらないようになってきますが、自分の判断でやめないことです。生活のリズムも影響するので睡眠不足やストレスなど薬を服用していても発作を起こすこともあるので体調管理も大切です。
このようにてんかん予防のガイドラインとしては薬による発作を抑えることと、治療には時間がかかるため長期的に続けることが必要です。