てんかんに気をつけたい高齢者たち

てんかんは脳の病で、年齢や性別に関係なく発症します。高齢者でのてんかんは合併症を引き起こすことがあるので大変危険です。てんかんを予防するためにもきちんとお薬を服用して治療しましょう。

てんかんの原生と自己申告について

これまではてんかんの患者が運転免許を取得することは禁じられてきました。
しかし、2002年に法律が改正されたことによりてんかんの患者においても条件をクリアしていれば運転免許が取得可能になったのです。
取得に際する最終的な判断というのは委員会が決定するのですが、素人でも判断材料を理解しておくことである程度結果を予想することができます。
心配な方は日頃担当して頂いている医師に対して、自動車の運転に関して相談してみると良いでしょう。
様々な事柄を考えた上で取得ができる可能性が高いと判断された場合は、免許センターにおいて診断書を手に入れて医者に記入しもらいましょう。
再び免許センターに出向いて提出することにより委員会で審議が行われます。
認可ということになれば、自動車を運転しても良いということになります。
このように必要書類を手に入れて自己申告することで運転が可能になるのですが、条件が設けられているのでしっかりと確認しておくことが求められます。
それは、投薬をせずにこれまで5年間発作に見舞われていないということです。
さらに、この先も再発する心配が無く大型免許や二種免許を取得する予定も無いという型に限られます。
再発する恐れが無いということや、二種免許を得る可能性が無いということは自己申告なのですが、何らかの変調が起きた際に責任追及されかねないので、約束を破ることは避けましょう。
また、薬を投じずに原生のまま生活していると自分の身体がどのような状態になるのかということについても理解を深めておかなければなりません。
てんかんが起こると意識を失ってしまうこともあるため、自分自身で大変な状態になっていることに気付けないことがあるのです。