てんかんに気をつけたい高齢者たち

てんかんは脳の病で、年齢や性別に関係なく発症します。高齢者でのてんかんは合併症を引き起こすことがあるので大変危険です。てんかんを予防するためにもきちんとお薬を服用して治療しましょう。

てんかん:治し方と風呂について

てんかんの場合には、症状として、突然に発作などが起きてしまい、その結果として、突然意識などがなくなる、そのような症状が出ます。

そのため、車やバイクなどの運転の際には、とても注意が必要であると同時に、薬などを飲み忘れてしまうと、車の事故などを起こしてしまったり、以前にニュースなどにあったように、てんかんの患者さんが人を巻き込んでしまい、自分も大けがを負ってしまった経緯がありました。

このため、薬の飲み忘れなどは、とても大変なことであり、薬を万が一に飲み忘れてしまった場合には、大変なことになってしまうため、とても注意が必要です。

また、同時にてんかんの患者さんの場合には、自律神経などがうまく働くなる、つまりストレスなどがマックスになってしまい、自律神経の調子が悪化してしまうと、より、意識が遠のいてしまったり、体調が悪化してしまうと言われています。

このようなことから、てんかんの治し方の一つに、お風呂にしっかりと入る、このような方法があります。

方法としては、とても簡単であり、自律神経の調子を整えるためには、まずは熱めのお風呂に10分ほど入り、その後には、冷水などのシャワーを浴びる、または、冷水などがある施設などの場合には、冷水に5分ほど入り、このような繰り返しを行っていくと、とても自律神経の働きが良くなる、とされています。
また、同時に、このように自律神経の働きが良くなると、代謝なども良くなる他、同時にリラックス効果もとてもあるものである、とされており、てんかんの治し方としては、お風呂の温度をこのように変えて入浴をすること、またはシャワーで温水、そして冷水、このように繰り返しに体にお湯などをかけることで、とても自律神経が整い、突然のめまいなどが、通常よりも起きにくくなる、とされています。